新潟市の建築設計事務所「太陽建設」

HOME > 施工事例 > 新潟市西区H邸 内外部改修工事

施工事例

2020.11.04

新潟市西区H邸 内外部改修工事

新潟市西区にある住宅街の一画にあるお宅の内外部の改修工事を行った。

内部の畳の床が歩くと少し沈むという事で、
6畳二間の畳の表替えと、おそらく傷んでる畳下の床合板の取替を行う事とした。
また、廊下の段差をなくして、傷ついた床板からCF貼りに変更する工事を行った。

外部は軒天の破損により、鳥が住んでいる事と、
雨樋に土が詰まっており、
支持金具が溶けている状態の為、雨樋交換を行う事とした。

外部工事から工事を始め、仮設足場を架けた後、
一部屋根の瓦が割れており、屋根の役物がズレて落下しそうになっている為
打合せの結果、追加工事として富調合のモルタルを詰め、金属板を入れる等の工事を行い補修した。

内部工事では、畳が沈む原因は合板の劣化ではなく、
大引と束が白アリ被害によりなくなっていた。
土台が生きていることを確認し、大引きまで撤去し、
束をプラ束とすることで白アリ対策として復旧した。

工期は仮設足場に半日で、
外部工事6日。内部工事2日であった。

  • 工事前全景写真
  • 工事前の雨樋の中が詰まっている写真。泥を撤去し、縦樋・横樋含めて、錆びている支持金具を撤去した。
  • 工事前、軒天のベニヤ板破損の写真。鳥が巣をつくっているとの話で、壊してみると大量の鳥の巣と、ダニなどの死骸が詰まっていた。
  • 仮設足場。近隣に迷惑をかけないようにメッシュシートをして工事開始。
  • 軒天の撤去。ベニヤ板の後に壁のモルタル工事をしているため際まで撤去。
  • 雨樋の撤去。支持金具も撤去してある状態。
  • 今後塗装を行うので、下準備として破風のケレンを行う。
  • ケイカル板を張るため、必要な下地補強を行う。
  • ケイカル板を張った写真。極力隙間が無いように施工していく。
  • 破風の塗装を行った。
  • 雨樋の横樋を支持するステンレス金具の取付け。
  • 軒天の塗装。ケイカル板の隙間を埋めて、補強として押し縁を周りに施工した。軒裏のふところが少なく、下地が入りきらないところがあったため落下防止対策を多めに施した。
  • 横樋と縦樋の雨樋取付け。ステンレスの針金でしっかり固定。
  • 内部工事前の畳の写真。
  • 畳を剥いだ後の合板の写真。カビと腐食により一部下地として成立していない部分があった。
  • 当初予定の合板を撤去した時の写真。根太が白アリ被害にあっていたためこの状態で現状報告と今後の工事について施主様と打合せさせていただいた。
  • 敷居を残して大引と束まで全撤去。
  • 建物内の床下にある砂がじめじめ湿っている。地盤が悪いのか、水はけが悪いのか、あまりにもひどいので一部砂を搬出する工事をおまけで行った。
  • 大引の新設。束が腐らないようにプラ束とし、水平レベルが取れない住宅だったため、建物のナリで畳を敷いた後に段差が無くなるようバリアフリーにする事とした。
  • 根太の施工。反りの少ない材料を使用し、等間隔に入れていく。
  • 床合板の施工。極力隙間が無いように加工していく。
  • 表替えした畳の施工。段差を解消し、出入り口で段差がないようにレベルを合わせていく。
  • 廊下のバリアフリー化。既存の廊下で27mmの段差があったため、ほぼ0にするための下地づくり。
  • 廊下の一部、便所の前。こちらも段差をなくしていく下地工事。開きの悪かった便所のドアも切り詰めて開きやすくした。
  • 廊下のCF貼り。下地のパテによりほとんど凹凸を拾わないように施工して、最後に玄関前をアルミアングルにより仕上げた。

OTHER
その他の施工事例

2020.11.04

新潟市西区H邸 内外部改修工事

2020.10.15

新潟市西区F邸 外壁補修工事

2020.10.12

新潟市中央区S邸 耐震改修工事

2020.09.11

新潟市東区S邸 駐車場ライン引き

2020.08.22

新潟市中央区貸家トイレ改修工事

2020.08.02

新潟市中央区T邸門扉工事

2020.07.01

新潟市中央区S邸新築工事

2020.02.17

新潟市中央区O邸トイレ改修工事

025-224-6802

“ホームドクター”として、いつまでもお世話させてください

お問い合わせフォームはこちら