新潟市の建築設計事務所「太陽建設」

HOME > 施工事例 > 新潟市西区O邸床改修工事

施工事例

2018.07.11

新潟市西区O邸床改修工事

漏水が原因で床が一部腐っていた。

ほとんど空き家状態であり、冬の間は人がいなかったため床が腐っていたのに気が付かなかったが、

その一部を撤去したら、他のところは白アリ被害にあっていたため結果台所の全ての範囲を張り替える事となった。

また、別室にて畳がへたっているとのことで、畳を剥ぐとそこも白アリ被害にあっていた。

そのため、その部屋の床下地交換と畳を張り替える工事も行った。

  • 完成後の床張り状況
  • 最初の現場調査の時の写真。床が腐っており、原因を調査した。
  • 原因は室内給湯器の配管の破損だった。完全に割れていて水漏れした所から半年ほど経ち、床が腐っていた。
  • 最初の現地調査で床の腐り状況を確認。一部解体させていただいて、床下(砂)がだいぶ濡れていた事と、腐っている範囲はそれほど広くないことを確認した。
  • 工事日。解体範囲を決めるために少しずつ被害部分を解体していくと、白アリ被害を発見。
  • 床下収納部分が特に酷く、床の下地材である根太垂木、大引まで被害が及んでいた。
  • 白アリ被害の拡大写真。
  • 床下収納部分のモルタルを撤去したらその下地も白アリ被害にあっていた。
  • 土台と同じく床を支える大引きは、約1/4の断面が白アリ被害で無くなっていた。
  • 大引がなくなっていたので、仕方なくキッチンまで動かし、この部屋の床全てを工事範囲とすることとした。
  • おそらく白アリの原因はこの廃材。以前トイレの材料だったものだと思われるが、タイルの他に腐った木材などが床下に捨てられていた。床下に廃材が捨てられていると白アリ被害に会いやすいので、この後、除去できる限り除去した。
  • 下地を含め、床材撤去後の写真。
  • 白アリの駆除剤を使用した跡。
  • 床下に鋼製束を入れた。施工前は鋼製束が少なく、たわみやすい床だったので、せっかく床を全てやり直すので、ピッチを細かく入れて施工中。大引きとして替えた材料は白アリ被害にあいにくい薬剤注入材を使用。
  • 水平レーザーでレベルを合わせ、出入り口の段差がなくなり、バリアフリー仕様になるように下地の高さを調整中。
  • 根太垂木を等間隔に施工中。
  • 床を張り、家具などを元の配置に戻して工事完成。
  • キッチンの排水をしっかり繋ぎこみをして、流れが悪くないことを確認したことで復旧作業も完了した。
  • 別室も床がおかしいとのことで、畳を剥いで被害を確認。
  • 畳の下の1/4が深刻な事態になっていた。
  • 畳を撤去し、床も下地も撤去。
  • 最も深刻な部分の写真。
  • 床に白アリの駆除剤を撒いて、段差をなくし、畳を張り替えて工事完了。

OTHER
その他の施工事例

2018.11.08

新潟市東区N邸 庇取り付け工事

2018.10.06

新潟市中央区 毘沙門駐車場屋根改修工事

2018.09.30

新潟市中央区 K邸玄関戸取替工事

2018.09.15

新潟市中央区 H邸ベランダ入替工事

2018.08.25

新潟市東区I邸 洋室天井改修工事

2018.08.11

新潟市中央区 アパート鉄骨階段補強

2018.08.03

新潟市中央区I邸浴室改修工事

2018.07.11

新潟市西区O邸床改修工事

025-224-6802

“ホームドクター”として、いつまでもお世話させてください

お問い合わせフォームはこちら